上場企業の入社試験でフォルスクラブが使えるかも

就職において入社試験というものを誰しも一度は受けたことがあると思います。
その内容は一般常識を図るSPIプログラマとしての思考力を図るCAB/GAB
一つの作業を集中して行なえるかを図る内田クレペリンテストなど、
企業によって実施されるものはそれぞれ違ってきます。
SPIはPC上でも受験することが可能なため、
今ではスマートフォンやタブレットから受験するという方も少なからずいます。

また、こういった試験対策アプリも数多くの企業から出されていて、
得意箇所と苦手箇所の判別タイムアタックモード図説での解説
アプリによって特色が違ってきます。
eラーニングシステムを扱っている企業の多くもこのSPIを始めとする
入社試験対策アプリをリリースしています。

フォルスクラブは上場企業の入社試験の対策に良いかもしれません。
会社にもよりますが、一般教養を問うところもあると思います。
高校生向けeラーニングや大学入試講座で対策が可能で、
上場企業への入社はフォルスクラブひとつで事足りると言えます。

日本の入社試験の方法は割と画一的になってきていると言えます。
ハンター試験中忍試験の様に、毎年変わったことはしません。
一般的な知識を問う事から、
受け答えの上手さを見ることが多いと思います。
ちょっと変わった試験を行うところでしたら、
警察官採用試験医学部入学試験でしょうか。
ここはストレス耐性を見ることもあります。
警察官も医師も強いストレス耐性がないと
仕事が出来ないと言われています。
人の命を預かる仕事になりますので、
試験内容は一般的なものから大分離れていると評判なのです。

フォルスクラブは上場企業の採用試験のほか、
公務員試験の勉強にもいいかもしれません。
公務員試験の一般教養はほとんど高校の国数英理社と変わりません。
センター試験とどちらが難しいか分かりませんが、
一般教養を学ぶのでしたらフォルスクラブが最適です。
色々な教材が詰まっていますので、
自分に合ったスタイルで勉強することが出来ます。
フォルスクラブがあれば上場企業公務員の試験もバッチシです。

できれば面接の練習もしたいところですが、
さすがのフォルスクラブもそれは難しいところです。
フォルスクラブのサポートサービスで上場企業への
就職相談をするのもいいですが、
大学の就職支援課以上に詳しい話は訊けないかもしれません。
面接対策は別のところでした方が良さそうです。
フォルスクラブは筆記試験の対策としてお使いください。

入社試験と言えば、SPIが有名です。
これを導入している企業は大分増えてきたと言えます。
SPIは一般教養というよりも、
数学パズルに近いことが出題されます。
フォルスクラブでは学べない分野になりますので、
適切な教材を使って対策をするようお願いします。
その企業がどんな筆記試験をするかを
事前に調べるのもおすすめですよ。

ですが近い将来、ニーズが出てくればフォルスクラブからも
SPI対策アプリが出てくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です