ねずみ王子はフォルスクラブの小学生向け英語アプリをする

ねずみ王子がフォルスクラブを使い始めてかなりの月日が経ちました。
使い始めた頃は「本当に使えるのかな?」、「どんだけ便利なのか」と
疑い気味でしたが使い続けることによって便利さと勉強の楽しさの
両方を知ることが出来ました。
今まではさほど自分から進んで勉強しようという気分にはならなかったようですが、
このフォルスクラブを使い続けたことでちょっとした時間があれば、
自ら勉強する癖がついたとのこと。
今やっているアプリがひと段落着いたら、フォルスクラブで勉強できる資格の
勉強をしてチャレンジしてみたいとも言っています。

ねずみ王子は現在、フォルスクラブの小学生向け英語アプリをプレイしています。
基礎的な英単語が1000しか登場しませんので、サクサク進めることが出来ます。
イメージとしては強くてニューゲームに近いかもしれませんね。
小学生レベルの英語の問題では、
フォルスクラブで鍛えたねずみ王子を止めることは出来ません。

小学生向け英語アプリというだけあって、登場する英単語はすべて簡単です。
文法を問うものもほぼなく、迷うことなくストーリーを進めることが出来ます。
また、問題は4択なので、複数の意味を持つ単語でも迷わずに回答することが可能です。
例えば「時間」を英訳せよという問題がありましたら、
皆さんはどのようなスペルを思い浮かべますか?
ねずみ王子は「time」を連想しましたが、選択肢として登場するのは「hour」の方です。
むしろ選択肢がないと、100%正答することは出来ないでしょう。
フォルスクラブで鍛えたねずみ王子でも、こればかりはどうすることも出来ません。

図鑑が埋まって行くのもプレイ欲を高める要素だとねずみ王子は思っています。
モンスターをサクサク倒して図鑑が埋まると何だか楽しいですよね。
コンプリートするのにねずみ王子はかなりフォルスクラブをやりこみましたよ。
おかげで大分、英語を身に付けることが出来たと思います。
9割方、元から覚えていたものですが、
中にはねずみ王子が覚えていないマニアックな英単語もありましたよ。

ねずみ王子が思うにフォルスクラブの小学生向け英語アプリは、
小学生はやらないと考えています。
根本的な問題として、小学生はスマホを所有しません。
タブレットの普及率も低く、そもそも小学生は外でベイブレードをしています。
家にこもって教育系のゲームをしている小学生など居るのでしょうか?
仮にやるなら、モンハンだとねずみ王子は思っています。
よって、フォルスクラブの小学生英語アプリは中高生が主体だとねずみ王子は考えます。
中高生レベルの英語力を持てば、小学生レベルの問題なんてサクサク回答できますよ。

勉強したいけどなかなか集中できる性格ではない、
なるべく取っつきやすい内容で英語の勉強をしたいと考えている人にこそ、
フォルスクラブの小学生向け英語アプリは最適のコンテンツだと
ねずみ王子は豪語しています。
フォルスクラブを契約した方は是非一度、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です