福士蒼汰でも話題のイーラーニング研究所

●福士蒼汰の起用でイーラーニング研究所は更に注目される
イーラーニング研究所は名前の通り、イーラーニングを研究していて新時代の学習法を提案している企業です。
しかし、イーラーニングを提供している業者の中には怪しい企業も珍しくないことから、イーラーニング研究所まで印象が悪くなってしまう部分がありましたが、それを払拭するために福士蒼汰がイメージキャラクターとして起用されました。
今では誰もが知る人気俳優の福士蒼汰を起用することによって、企業としてのイメージアップをはかったわけです。
実際に人気俳優を起用したことで誤解されていた企業の印象を払拭できたということは珍しいことではありませんから、この試みは非常に効果的だと言えます。

 

●福士蒼汰も認めるイーラーニング研究所のコンテンツ
福士蒼汰がイーラーニング研究所のコンテンツで魅力的だと感じたものが、自身がイメージキャラクターとなったスクールTVです。
これは小学校から中学校三年生までを対象としたコンテンツであり、動画教材によって学習することの楽しさを教えてくれます。
動画によって学習することができるものは古くからありましたが、それは受動的なものでしかありませんでした。
しかし、スクールTVは文科省が推薦するアクティブラーニングを日本で初めて導入をしたということもあり、児童が自ら進んで学習をしていくことができるのが大きな特徴となっていて、福士蒼汰を持ってして自分が学生のときにあってほしかったと言わしめたものです。

 

●イーラーニング研究所は児童向けだけでない
福士蒼汰がイメージキャラクターとなって、知名度の向上、好感度の向上につながったイーラーニング研究所ですが、ここで行っているのは児童向けのものだけではありません。
フォルスクラブと呼ばれる家庭向けのイーラーニングサービスは文字通り、家族揃って全員が学習をできる画期的な物となっています。
スクールTVはあくまでも児童向けでしたが、フォルスクラブは幼児から大人まで学習ができるようにコンテンツが充実していて、更に一つのプランで家族全員が利用できるようになっているのも、安心して利用ができるポイントです。

 

●イーラーニング研究所は社会貢献活動もしている
福士蒼汰を起用することによって、イーラーニング研究所の印象は180度ガラリと変わって、今では魅力的な企業と思われるようになりましたが、実は以前から社会のために活動を続けてきた企業でもあります。
平等な学習機会を提供するために児童施設にフォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈をしています。
イーラーニングには電子端末が必要となり、一昔前から比較をするとかなり安くなったと言っても、経済的な事情でどうしても導入できないところは数多くあります。
通信教育を提供する企業として、このような格差は見過ごせないとイーラーニング研究所では格差をなくすために社会貢献活動を続けてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です