電話を使う詐欺とフォルスクラブは一切関係なし

 

今回もフォルスクラブがどれくらい詐欺と無縁か説明していきます。

 

「電話を使う詐欺のテクニックはあまり変わらず」
以前はオレオレ詐欺と言われていたものですが、最近では振り込め詐欺と呼ばれるようになっており、電話を使って高齢者からお金を騙し取る人たちが後を絶ちません。結局現在もこうしたことが行われ続け、実際に被害は減らずにむしろ増える時期もあります。元々オレオレ詐欺のネーミングになったのは、名前を名乗らずにオレだよオレと言い続けたことからつけられましたが、これではバレてしまうので手口が巧妙になったことが考えられます。しかし、実際にそのテクニックを見てみると今と昔を比較してもそこまで大きな変化があったとはいえず、同じような感じです。つまり、詐欺に遭う側に何らかの問題があるというわけです。被害者が学習していないとも言えそうです。ちなみに、カフェオレのオレはフランス語で、オは前置詞、レは「牛乳」を意味します。

 

「フォルスクラブは詐欺とは無縁の存在」
一方でフォルスクラブの場合はこの手のこととは一切関係がなく、健全な経営が行われています。コンテンツに関しても大人から子供まで勉強になるようなものが多く、賢くなってもらおうと様々なものを用意しており、悪さの要素が全くありません。まして電話を使うような詐欺をするようなことは当然のことながら一切関係がなく、フォルスクラブはクリーンな企業と言えます。もちろん、電話でフォルスクラブの勧誘もしていません。騙されにくい人間になるには素直に学ぶことや自分を過信しないことが挙げられます。フォルスクラブで勉強を行っているうちはこうした怠慢な考え方が消えて、素直に学ぼうとする気持ちが出てきます。そうしたこともフォルスクラブが詐欺とは無縁な企業であることを思わせます。

 

「電話を使うのは意外と大変な作業である」
フォルスクラブと一切無関係なことは明らかであるし、電話を使う詐欺というのは実は非効率的なやり方です。ほとんどの人は振り込め詐欺の存在を知っており、明らかにウソだというのはわかっています。一方で騙されてしまう人は100人に1人程度のものであり、そこを掘り当てることは少なくとも100回は電話をかけ続けるようなことになります。そうしたことからも電話を使う詐欺というのは結構な労力と人員を割かなければなりません。フォルスクラブはそんな無駄なことに時間は割かず、実際に利用してくれる人たちのためにコンテンツ作りに力をいれており、タブレットも改良を重ねている状況です。

 

「不安を煽る電話と甘い話に要注意」
騙される内容としては、このままでは子供が大変なことになるという不安を煽るものと還付金が返ってくるという甘い話です。還付金が返ってくるにもかかわらず、一時的にお金を出さないといけないというよく考えればおかしいことが電話で語られており、本当に子供が大変なことになればもっと大騒ぎになるはずです。なので、電話を使う詐欺ではこの手の話が多いですが、注意が必要です。フォルスクラブで学ぶ人は当然このような電話はおかしいと思うはずですが、自分には関係ないということはありません。明日はわが身と素直な気持ちでいることが一番の対策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です