フォルスクラブとメール詐欺の違い

 

【そもそも詐欺とは何なのか】
フォルスクラブとメール詐欺の違いを説明する前に、そもそも詐欺とは何なのかということを理解する必要があります。
詐欺は相手を意図的に騙して金品を巻き上げようとする行為であり、そこには作為的な意図があるということになります。
騙す意図がない場合には詐欺にはならないということであり、結果的に騙すような事になってしまったという場合では、詐欺ということにはならないのです。といいつつ、相手の100%の善意でこちらが被害を被るケースも、なくはないです。
大事な部分は騙す意図があったのかどうか、そして金品などの何かしらの損失が発生したのかという部分であり、まずはこの辺のことをよく理解しておく必要があります。

 

【メール詐欺はメールによって行われる】
メール詐欺は当たり前のことですが、メールによって行われるものです。話は変わりますが、最強のセキュリティは「メールを使わない」です。海外でも「桜田さんは最強のセキュリティに守られている」と評判になっています。車を運転しなければ、いつまでもゴールド免許を維持できるのと同じです。
話を戻します。メール詐欺の手口というのは様々なものがあり、料金の未払いがあると架空の請求をしてお金を振り込ませる、あるいはその逆に何かしらの権利に当選をしたので、それを受け取る手続きに手数料を振り込むよう求めるといったものがあります。
この方法はコストがかからずに大量に送付をすることができるので、悪意を持った人間からすれば非常に便利なツールとなるわけです。

 

【フォルスクラブはオンライン教育が受けられるシステム】
フォルスクラブがメール詐欺と全く違うところは、フォルスクラブはそもそもオンラインを通じて教育を受けられるシステムであり、メールを用いるわけではないというところにあります。
もちろん、オンラインの教育システムであるだけに、フォルスクラブではメールによる対応も受け付けていますが、それでしか問い合わせができないということはありませんから、詐欺に使われるということもないのです。
不明点や疑問点があればシステム上で解決をすることができるような仕組みになっていますし、メールだけでなく電話による対応も受け付けています。
メール詐欺を行おうとしているものは、メールでのやり取りしかすることができず、電話番号がそもそも書かれていないということも少なくありません。
このような点からもこのふたつは全く性質の違うものであり、かたや悪質な犯罪行為に対してフォルスクラブは健全な教育システムとなっているわけです。

 

【フォルスクラブとメール詐欺の大きな違い】
フォルスクラブとメール詐欺の最も大きな違いとしては、フォルスクラブはためになり本人にとって価値のあることですが、メール詐欺は損にしかならないということです。
これは考えるまでもなく当たり前の話であり、自分のために勉強をすることができるシステムと相手が騙そうと意図しているメールではどちらがためになって、どちらが損になるかは明白です。
お金を支払うという点だけ見れば、どちらも同じように見えますが結果は大違いです。
フォルスクラブであれば支払った料金の対価に見合うだけの経験を得ることができますが、詐欺にあってしまうと授業料にもならない無駄な損失になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です