eラーニング研究所とマイナンバー制度便乗詐欺の対策は

・マイナンバー制度に便乗した詐欺とは?

eラーニング研究所で学習すれば、さまざまな詐欺を見抜けるようになります。最近はマイナンバー制度に便乗した詐欺が登場しており、生活安全課生活安全係などでも注意を呼びかけています。eラーニング研究所はこれに関して注意喚起はしていませんので、自己判断で防止するしかありません。eラーニング研究所はあくまで教育格差の解消を目的とした教育プログラムです。オンライン環境があれば気軽に学習できるので、地域や経済力による教育格差を解消できます。そして学習をすることは詐欺を防ぐためにも大いに役立ちます。自分で善し悪しの判断をできるようになれば、情報強者になるのは難しくありません。

・詐欺は常に巧妙化している

詐欺に関してはテレビでも注意喚起していますが、日々新しい詐欺が誕生しています。テレビで紹介していないからと言って安心とは限りません。例えば地方公共団体情報システム機構を名乗って振込を要求したり、怪しい電子メールが届いたりするケースもあります。eラーニング研究所の学習システムを利用すれば、自分で考える能力を磨くことができます。冷静に考えるとわかりますが、相手から金銭を1円でも要求してくる状況は正常ではありません。初期投資3,000円を支払えば10倍になって戻ってくるといった手法がありますが、世の中にうまい話は存在しないと考えてください。

・詐欺を簡単に見分ける方法とは

eラーニング研究所で勉強することで、怪しい情報へのアクセスを防止できるでしょう。大切なのは怪しい商品に手を出さないことであり、情報を一度疑ってみることが重要です。それから自分なりに情報収集をして、健全かどうか見極めていきます。巷には数多くの詐欺が存在しており、マイナンバー制度に便乗した事例もあります。その手法は巧妙化していますが、詐欺には決定的な特徴があるのです。それは必ず金銭を要求されることで、それが3,000円などの少額でも信用してはいけません。誰もが知っている超有名企業を名乗ってくるケースもありますが、冷静になると違和感に気づくはずです。例えば情報提供先の公式ホームページの作りが粗末だったり、企業概要や所在地・連絡先などの記載がなかったりする場合は注意してください。

・eラーニング研究所をフル活用して詐欺を防止

eラーニング研究所では詐欺の注意喚起をしていません。これは裁判所を通さなければ詐欺かどうか判断するのが難しいためです。もしeラーニング研究所が詐欺だと断定した企業が、まったくの健全企業とわかったら大変なことになるでしょう。安易に相手を疑うのは好ましくありませんし、非常にリスクのある行為です。ただ最新の詐欺の手法はeラーニングを通して勉強することで、把握することができるでしょう。具体的な手口を知っておくこと、相手から一方的に勧めてくる商品・サービスには注意することが大切です。冷静になって考えてみれば、悪徳業者は簡単に判断できることが少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です