フォルスクラブと香港上場の噂とは

フォルスクラブが香港上場しない理由

フォルスクラブが香港市場で上場するのではないか、という噂は定期的に流れてくるので多くの人がチェックしているのではないでしょうか。フォルスクラブといえば、グローバルな社会で活躍する人材を育成することが出来る英語教材をはじめ、受験対策などの通信教育を提供している会社です。そのフォルスクラブを作っている会社が香港市場に上場する、という噂は数年前からまことしやかにささやかれていました。

実際に香港市場に上場しているのか

フォルスクラブを作る会社が香港市場に上場しているのか、ということは実際には事実ではありません。定期的に噂になるため、既に上場していると勘違いしている人もいるかもしれません。しかし、そのようなことはありませんし現在のところその予定はないようです。ウェブサイトなどでも特にそのような情報はありませんし、何よりメリットだけではないということは知らない人もいるのではないでしょうか。日本国内で上場するのとは異なりますので、香港市場で上場する場合には香港上場に関する規制に従わなくてはなりません。香港上場をするには、メリットだけではないのです。

香港上場していないフォルスクラブ

香港上場していないフォルスクラブではありますが、それでも多くのユーザーがいますので現在のところ右肩上がりで業績が伸びています。口コミ評価が高いことや、リーズナブルな料金で月々教材を利用することが出来るというのはこの長引く不況の中で,多くの人がありがたいと感じているのではないでしょうか。塾や予備校に行かなくても質の高い学習環境を手に入れることが出来るので、現在予備校や塾に通っている人でも利用している人が多いです。家計に負担をかけずに家族みんなでいろいろな学びを得ることが出来るというのも、フォルスクラブの特徴といえるでしょう。香港上場をしなくても、グローバルな人材を育成することが出来るのがフォルスクラブのメリットです。

今後香港上場の予定はあるのか

今後香港上場の予定は現在のところ明らかになっていませんし、先述した通りデメリットもあるのが実情です。香港上場というと、いいことばかりに感じるかもしれませんが意外にも規制が多いため大変な点もあります。そのため、これから上場する可能性は低いのではないかと予測されます。もちろん、フォルスクラブを使って勉強を続けることで海外で活躍する人材になるということは可能ですし、香港上場するような会社を自分で立ち上げることも不可能ではありません。これから世界に羽ばたく人材にとって、語学力は必要不可欠です。香港上場だけにこだわるのではなく、そういう人材の育成に力を入れていることを考えると、間接的に関係をしているということもできます。それだけ、フォルスクラブは多くの学習内容が揃っていますし、それが月額制のリーズナブルな料金で利用することが出来るというのも魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です