奨励会には年齢制限があるがフォルスクラブには年齢による退会規定はない

日本将棋連盟には奨励会規定と呼ぶものがあります。

フォルスクラブと違い将棋は2人で行うボードゲームの一種、相手の指し手を数手先まで読みながら王を取ることが目標になるゲームです。将棋に使う駒には表面だけに文字が記載してあるものと、敵地に入ったときに裏返しして役目をアップできる駒の2つがあります。役目をアップできるものは成駒と呼ばれるもので、王将・金将の2つを除けばすべてが成駒になるわけです。国内には日本将棋連盟と呼ぶ団体組織があり、竜王戦や名人戦など様々な対戦を運営管理しています。プロになるためには、この日本将棋連盟の奨励会に加入することが基本ですが、奨励会にはいろいろな規定が設けてあるのが特徴です。

奨励会の年齢制限や昇段・昇級などの規定について。

日本将棋連盟の奨励会は、満21歳の誕生日までに初段になっていること、満26歳の誕生日を含めたリーグ戦終了時までに四段になれないときには退会の扱いになるといいます。三段から四段への昇段は、1年に2度行われる三段リーグ戦に参加して1位もしくは2位の成績を取らなければなりません。初段から三段までの昇段点は、8連勝や12勝4敗などの成績であること6級から1級までの昇級点は6連勝するか、9勝3敗や11勝4敗などの成績を収める必要があるなど厳しい規定が設けてあります。三段リーグは最後の対戦となるものですが、このリーグ戦で勝ち越しのときには次回のリーグ戦に参加ができる、条件次第では万29歳のリーグ終了時で退会などの特例もあるようです。

フォルスクラブは年齢に関係なく参加可能なeラーニングです。

フォルスクラブは、奨励会のような厳しい規定などがありませんし年齢においても子供から大人まで誰もがいつでも好きなときに選んだeラーニングの利用が可能です。フォルスクラブに入会するときには、公式サイトにある新規会員登録メニューから行うことが可能で、ご利用までの流れを見ることで入会から退会までの工程を把握できます。フォルスクラブには入会金1万円、月額利用料金が6,000円(いずれも税抜価格)で利用できるスタンダードプランがありますが、退会の際には口座振替とクレジットカード決済でのタイミングを把握しておくことが大切です。

フォルスクラブのスタンダードプランの支払いイメージについて。

フォルスクラブのスタンダードプランは、クレジットカード決済と銀行振替のいずれかの支払い方法を選択できます。仮に、4月にフォルスクラブに入会した場合、クレジットカード決済では5月末に2か月分の決済が実行され、口座振替では6月末に3か月分が振替になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です