仮想通貨とフォルスクラブ 詐欺の意味とは

世界では今、数多くの仮想通貨が出回っています。日本でもビットコインというものが2015年に登場し、わずか5年のうちでその資産が400億円にのぼっているほどです。世界共通の暗号資産なので時価で変動することもなく、ゴールドよりも簡単に取り引きができることで若い方を中心に人気となりました。この仮想通貨についてリサーチをしていると、「フォルスクラブ 詐欺」という言葉も同時にヒットします。いったいこれは何を意味しているのか、筆者が独自に調査を実施したので、その報告をここでおこなっていきましょう。

.

まずフォルスクラブとは2002年に設立された、通信教育会社のサービスのことでした。日本で幼児教育ブームを巻き起こしたところであり、昨今では社会人向けの実用資格講座等もなされています。この教育機関と仮想通貨がどのような関係性にあるのか、フォルスクラブ 詐欺というタイトルで掲示板内の書き込みを目にすると、2017年からフォルスクラブとは全く関係ない他社であるA社にて仮想通貨専門講座という通信教育を実施されていることがわかりました。この講座がいわゆるフォルスクラブ 詐欺に結びついているようですが、他社なので全く関係ないと言えます。共通点は同じ通信会社なだけで、それが理由でフォルスクラブ 詐欺と勘違いされてしまったと考えます。

.

真実を確かめるため、実際にA社の通信講座に加入をして仮想通貨講座を受けられている方々の意見を調べて見ました。直接アプローチをおこない、実際の講座の内容を尋ねてみると、初心者でも簡単に仮想通貨で資産運用を実施できるスキルを教えてるということです。フォルスクラブ 詐欺が本当なのかについても取材を実施すると、知らないと断言されています。なぜこのようなフォルスクラブ 詐欺というウワサが出たのか、それは日本ではまだ仮想通貨が流通しておらず知識がない方が多いからでしょう。そもそも仮想通貨は架空の資産ではなく、実際に現金として活用することが可能です。大手家電量販店ではビットコインに対応した決済を用意されており、世界共通の相場で利用できます。資産運用のためには的確な時期に売り買いをしなくてはいけず、その知識を独学で身に付けるのは難しいものでしょう。そのサポートをなされているのがA社であり、時代に応じた講座を用意されたというわけです。

.

フォルスクラブ 詐欺と訴える方は真実を知らず、自身の想像の中でしか物事を見ていない方です。A社とフォルスクラブを作る会社の区別すら付いていません。これからの時代で資産を築くのに必要な仮想通貨のことを知るには、フォルスクラブが一番効率的に学べるといえるでしょう。フォルスクラブ 詐欺という言葉に惑わされずに、しっかりと資産を築くようにしたいものです。

.

なお、仮想通貨講座は週1回から受けることができ、パソコンとタブレット端末を駆使したオンライン講座となっています。月額7,980円で学ぶことができ、会社勤めをなされている方であっても、自身の好きな時間に講座を受けられます。男性だけでなく女性の受講生も多いので、フォルスクラブ 詐欺という言葉は気にせずに気軽に挑戦してみるといいでしょう。ちなみにフォルスクラブは月額6,600円です。フォルスクラブの方が安いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です