フォルスクラブを香港市場で売るとしたら

今回は少し夢のある話をしてみます。フォルスクラブという革新的な教育システムを香港市場で売るには、どのようなものが必要なのでしょうか。

 

中国本土を狙える香港市場の魅力とは
どうして私が香港市場に魅力を感じているのかを、最初に説明します。
皆さんご存知の通り、香港は元イギリス領でしたが中国にも電車で行くことができます。
このような特徴から、香港市場は中国本土への玄関口だとされています。
つまり、香港市場で有名になれれば、中国でも売れるはずなのです。
だからこそ、香港市場で売るとしたら何が必要かを考えるべきだと考えました。
日本国内よりも大きな利益を獲得できることは間違いありません。

 

 

香港市場の主要言語は英語である
中国本土と違って香港市場では主に英語で会話が行われます。
特にビジネスの現場では、主要言語は英語です。
フォルスクラブで学習している人は、少しは英語が得意になったでしょうか。
中国語をイチから勉強するよりも、英語を伸ばす方が近道です。
香港市場でモノを売るためには、まずはフォルスクラブで英語を勉強しましょう。

 

 

フォルスクラブは香港市場で通用するのか
現在のところ、日本人向けに開発されているフォルスクラブですが、香港市場でも通用するのでしょうか。
私は、ほぼ間違いなく香港市場でも通用すると考えています。
その理由は簡単で、勉強が辛いと感じるのは世界共通だからです。
慌ただしく変化が起こる香港では特に、効率の良い学習システムは受けるでしょう。
まずは現地の言葉に変更するプログラムが必要ですが、システムそのものは十分に香港市場で通用します。

 

 

中国本土でもフォルスクラブは通用するのか
香港市場で受け入れられたものなら、中国本土でも十分に受け入れられます。
一人っ子政策によって子供への教育費が高騰している中国本土では、フォルスクラブが流行するでしょう。
昔の日本のような受験戦争が、いま中国では巻き起こっています。
こうした環境の中ではフォルスクラブが力を発揮します。
暗記の苦痛から中国人を解放してあげたいです。
勉強が楽しいものであると、日本人と同じように、中国人にも実感して欲しいです。
そういう力が、フォルスクラブにはあります。
もしも、中国語版のフォルスクラブが出来たら、私が売り込みに行きたいくらいです。
誰か、中国語が勉強できるフォルスクラブのコンテンツを作ってください。
いや、まずは香港市場からですね。

 

 

このようにフォルスクラブには、将来的なグローバル展開の夢も描くことができます。勉強することを禁止しているような国があれば別ですが、それ以外の国ではフォルスクラブの大ブームが起こることでしょう。世界でも最も人口が多い国のひとつである中国を狙うためにも、まずは香港で受け入れられることを心から期待しています。そして、フォルスクラブを使って勉強している学生たちには是非、将来は香港でビジネスマンとして活躍することを目標にしていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です