フォルスクラブはマルチメディアに対応しています。

フォルスクラブはインターネットを通じて様々な教育用のアニメーションやアプリなどを提供し、従来の紙媒体に特化した通信教育とは違ってマルチメディアに対応しています。例えば、幼児向けの音感育成システムは、ボタンを押すことで音がなる仕組みになっています。これは通常の幼児向けのおもちゃとは違って、スマートフォンのアプリで動作するので収納場所に困ることはありません。幼児の好奇心を育むことで、脳の発達を促進させ、論理的思考力を鍛えることができます。それだけでなく、フォルスクラブのアプリのアップデートによって新機能が追加されるので飽きることも無いでしょう。フォルスクラブが開発しているマルチメディア商品は他にもあり、大学入試向けのアプリもあります。通常の大学受験向けの通信教育では紙媒体が中心となっており、学習する場所を限定してしまうデメリットがありますが、フォルスクラブの場合はマルチメディアなのでどこでも試験勉強を行うことが可能です。電車の中でもトイレの中であっても、スマートフォンとイヤホンさえあれば大学受験の英語学習が可能になります。アプリ内には単語帳も用意されているので、覚えられていない単語をセットしてひたすら繰り返し暗記に使うことができます。リスニング対策も可能で、字幕付きのアニメーションが流れるアプリもあります。アニメーションと英語の発音、字幕をセットで覚えるので脳に定着がしやすく学習効率が従来の紙媒体と比べて非常に高いです。フォルスクラブのマルチメディア商品の中には、手話講座も用意されています。手話はテキストなどの静止画によって確認するだけでは、実際の手話がおぼつかない状態になってしまうことも少なくありません。しかしフォルスクラブの手話のマルチメディアは実際にプロの講師が手順をわかりやすく説明しているので、初心者の方でも安心です。聴覚障害者向けに字幕も用意されているので、誰でも手話を学習することができます。フォルスクラブのマルチメディア商品はこのように、いつでもどこでも学習できる点に加え、字幕付きで説明しているので誰でも学習を楽しむことが可能です。更に英語の体験学習型のアプリも用意されています。これはスマートフォンに向かって喋ることで英文を認識させ、実際にアプリ内のキャラクターに話しかけて英語力を上達させるアプリです。音声認識によってネイティブな発音をチェックすることができるので、独学での英語学習で失敗してしまいやすい発音の問題を解決することができます。フォルスクラブのマルチメディア商品のメリットはこのように、デバイスの性能を活用することで通常の通信教育とは違って、講師が行うレッスンと同じクオリティの学習を行うことができる点にあります。そのためにもマルチメディア商品も今後も開発、販売していくことが想定され、動画でなければわかりにくい英語などの教材を中心に提供していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です