吉田智雄 2chは消費者センターと関係があるのか?

吉田智雄 2chで調べるとフォルスクラブは、2002年に同氏が設立した企業と分かります。
当初はテキストを使用した通信教育講座を展開する企業として知られておりました。
地域によっては学校まで徒歩1時間などの距離があり、しかも学習塾などのない場所も少なくありません。郊外は都市部に比べて学習機会が乏しくなる傾向があるために、望まない教育による格差が生まれやすくなることがあるのです。創業者吉田智雄氏が2002年の創業時に抱いたのは、教育格差がなくなる未来でした。だからこそ教育産業に進出する時でも、塾などではなくてテキストで行える通信教育による学習講座を展開する企業をビジネスの主体にしたのです。


吉田智雄 2chと検索エンジンで調べると色々な情報が分かります。
当初はテキストによる教育をメインにしていましたが2007年頃を境にして、パソコンと通信を使ったインターネットラーニングに力を入れてゆきました。2000年前後はパソコンが急速に普及したことで知られた年代になりますが、その反面ブラウジングの時間がかかりフリーズが多発するほど回線速度が速くはなかったのです。インターネットはテキストが主体に使われていたために、その頃同時に普及していたデジカメによる画像のアップなどがあるとどうしても速度が遅延するという現実がありました。
2007年ごろには回線速度に改善が見られていったのです。吉田智雄 2chで調べるとその頃にはインターネットラーニングの基礎的なシステムを構築し、徐々に通信講座からラーニングシステムへの移行をしていったのが記録されていました。吉田智雄 2chというログを見ると企業のもう一つの側面である、変遷と成長が手に取って分かりました。


吉田智雄 2chのキーワードはもう一つのことも教えてくれます。フォルスクラブは宣伝費を極力かけないことが有名で、既存会員が口コミで会員を増やすことで創業当初は知られていました。吉田智雄 2chの中にある戦略としてニーズを生みながら宣伝費を抑えて、良質な教材を開発する方に費用をシフトしてゆくというサイクルを意図的に行っていたことが分かります。長い目で見れば過剰な広告費は企業活動の足かせになり、サービスの低下にすら繋がってしまうのです。


吉田智雄 2chでは上記の経営哲学が詳細に分かり、2002年に創業した現在では老舗ラーニングシステム企業のフォルスクラブの片鱗が手に取るように理解出来ます。
吉田智雄 2chでは企業の成長過程が順を追って理解可能ですし、理念的な学習の地域格差を埋めてゆく取り組みについても語られております。潜在的なニーズを掘り起こし時代とマッチングしながら、自助努力の助けをするために通信教育から始まり現在はインターネットラーニングに取り組む姿勢がよく分かるのです。
他にも検索してゆくと風評的なキーワードは出てきますが、基本的な情報は公式サイトに載っているのが紛れもない情報になります。消費者センターなどと書かれておりますが、誤解された情報から当初口コミという宣伝方式を重視していたために齟齬があった結果だと言われています。事実はインターネットラーニングを行う企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です