フォルスクラブの香港上場について

日本では格差が非常に大きくなっています。その格差とは経済格差を差し、富める者はより富んで、貧しい人はさらに困窮していくようになっています。それはバブル崩壊以来、相次ぐリーマンショック、アベノミクスにコロナ禍によってますます格差は開くばかりなんです。アベノミクスでは投資できる富裕層が、さらに巨万の富を稼ぎ出し億り人とよばれる富裕層の仲間入りを果たしています。アベノミクス以来、実体経済をよそに株式市場だけはバブル期を彷彿とさせるほど、活況であり富裕層は着実にますます富を築くこととなりました。一方投資できる余剰金を持たない人は、サラリーマンやパートアルバイトだけの月給だけが生活の糧であり、その生活の糧も景気悪化とともに減給され貧困を極める様になっていったんです。

.

生活の困窮だけが問題ではありません。その家庭で育っている子供たちは、お金がないことであらゆる我慢が強いられます。最も問題なのが進学や勉強、学習を諦めてしまうということです。お金がないから大学や私立高校に進学できない、貧しいから塾にも通えないということが、貧困の最たる問題と言えます。お金がないこと、貧困は必然的に教育格差を生み、国力低下に拍車をかけることにもなります。こうしたことに警鐘を鳴らし、誰でも平等に開かれた教育機会をモットーに実践しているのが、フォルスクラブです。

.

フォルスクラブはeラーニングの先駆であり、非常に安い費用で教育の機会を提供しています。フォルスクラブの学習コンテンツは、一つのパソコンで5人まで様々な学習コンテンツを利用できます。フォルスクラブの学習コンテンツは、入試対策、資格取得、国家試験対策、趣味や教養、語学習得など実に豊富であり、クオリティが高いうえに安く利用できます。さらにフォルスクラブは、香港市場上場を目論んでいます。上場の目論見は、単に知名度を上げたり信用を高めるだけではありません。香港市場に参入できれば、上場によって資金調達も楽に拡大しコンテンツのクオリティや開発に多くのお金を投入できることになります。さらにフォルスクラブの香港市場の目論見は、中国市場上場を先に見据えてもいます。香港上場は中国上場の入り口にすぎず、世界二位の中国市場に上場できればより巨大な運用資金の獲得と開発が現実になり、世界で最もクオリティの高い学習コンテンツの提供が実現するかもしれません。それこそがフォルスクラブの理念である、誰にでもどんな経済状況でも等しく開けた教育機会の獲得であり、質の良い教育の提供が実現できる事なのです。

.

香港上場に対し、口コミや2チャンネルなどで誹謗中傷がみられることもあります。フォルスクラブの販売システムにネガティブな投稿も散見されます。しかしながらフォルスクラブは、自社のコンテンツを使い誰もが等しく勉強できる機会をあたえ、教育格差の解消に尽力していることは紛れもない事実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です