上場企業も見習うべきフォルスクラブのプレイ方法

■新しい働き方が出現した現代

フォルスクラブは時代に先駆けてインターネットを通じた教育を導入し、家族みんなで学べる場を提供してきました。上場企業もフォルスクラブと同様に新しい視点を作り上げるべきでしょう。緊急事態宣言などが解除されたあとでも通勤は復活してほしくない、ましてや余計な飲み会はしてほしくないと願う声は上場企業の社員からも上がっています。コロナ禍は日本の企業に新しい視点をもたらし、テレワークなど新しい働き方を出現させています。新しい働き方であるテレワークが定着すれば、社員達はより効率よく業務を行うことができるはずです。

■緊急事態宣言の解除でなくなるテレワーク

19都道府県に出されていた緊急事態宣言と、8県が対象になっていたまん延防止等重点措置は、9月30日をもって解除となりました。新型コロナウィルスの感染者数は減少を続けており、日本の各都道府県を見ても入院者数などが落ち着きを取り戻しつつあります。上場企業の多くも活動を再開しました。フォルスクラブでおうち時間を過ごしながらも、やっと希望の光が見えてきた現在の状況に、ほっと一息ついている人も多いのではないでしょうか。しかし、さまざまな事業が再開される喜びの中で、上場企業の中からも戸惑いの声も上がっています。自宅でできるフォルスクラブとは異なり、テレワークが解除されれば人混みの中で出勤しなければいけないからです。出勤への戸惑いは上場企業も非上場企業も同じでしょう。

■インターネットを通じて知識が身につくフォルスクラブ

フォルスクラブは子供も大人も楽しみながら自宅で学べるシステムを構築しており、インターネットを通じてさまざまな知識を身につけることができます。新型コロナウィルスの驚異によってテレワーク中だった上場企業の社員の中でも、フォルスクラブをプレイする時間を楽しみにしていた人も多数います。テレワークが解除されれば、当然ながら出勤することになるでしょう。上場企業もテレワーク解除と通常通りの出勤を検討しているため、首都圏にはまた通勤のための人混みが戻ることになります。自宅にいながらにしてプレイできるフォルスクラブとは異なり、実際の通勤が必要な場面において、多くの社員が恐れているのは人混みの苦痛でしょう。感染が完全に落ち着いたわけではない現在では、人混みでまた新たな自体が発生しかねません。

■上場企業でもテレワークの解除を検討

上場企業がテレワーク解除を検討するには、それなりの理由があるのでしょう。しかし社員達はフォルスクラブと同じようにインターネットを使い、自宅で行う業務の素晴らしさに気づき初めています。定例会議やちょっとした連絡ならばオンラインで十分であることを、緊急事態宣言のテレワークで社員達は実感したはずです。フォルスクラブもまたインターネットを使って在宅で利用できるのが特徴ですが、テレワークも自宅にいながらにして業務を効率よく進めることができます。もちろん出社が必要となるシチュエーションもありますが、自宅で進められる業務が意外にも多く、そして通勤の手間や疲れがないだけテレワークでは予想以上に効率よく進めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です